ようこそいらっしゃいました

2019年02月03日

「毛織物で作った生活道具」








スクリーンショット 2019-02-03 11.18.50.png




スクリーンショット 2019-02-03 11.19.18.png





西アジア 遊牧民の
「毛織物で作った生活道具」
Nomad People's Textile Art
2019年 2月17日(日) ~ 2月24日(日) 10:30~18:00


西アジアに暮らす人々は過酷な自然環境の中での生活を強いられてきた。気温変化の激しい大陸性の気候、標高差のある寒冷なイランやアナトリア高原では年間の降水量も少ない。これらの乾燥した気候のもとでは水をたくさん利用する農耕には不向きとなり、必然的に移牧や遊牧という、牧草を求めて移動を続ける生活形態が生まれた。それらの人々は自給自足の生活を営み羊の肉を食し、乳製品を作り、副産物である羊毛で敷物(絨毯やキリム)、テント、衣類、生活道具も作った。

展示内容
「イラン、トルコ、アフガニスタンの遊牧民が作った毛織物の生活道具」
塩袋、鞍袋、チュワル(多目的大袋)、ホースカバー(馬飾り)、ワギレ(柄見本)ソフラ(食卓布)、組み紐等
(今回の企画展は、「トライバルラグ専門店カラコルム」代表 田中安広のコレクション。)


カラコルムから、歩いて1分「光画堂」さんでの展示会

期間中カラコルムも営業します。(あっちへ行ったり、こっちへ行ったり)







posted by カラコルム at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185496673

この記事へのトラックバック